忘れちゃいけないauひかりのような回線業者

電話回線がNTT、即ち旧電電公社独占だったように、インターネットの光回線もNTT光だけしかないとイメージしている人も多いですが、そんなことはありません。
インターネットで光回線を利用したい人は、NTTの光回線を使った、いわゆる光コラボプランで、ドコモ光やソフトバンク光を選択することもできますが、NTTの光回線とは別の個別光回線を持つ回線業者、KDDIなどを利用して、auひかりを利用することも可能です。
auひかりを利用すると、固定電話でもNTTを利用する必要がなくなり、固定電話料金が格安になったりします。

NTTとはまったく別個に、光回線を独自に提供している回線業者は、KDDIの他にも多数登場しています。
So-netや電力会社、JCOMおよびモバイルルーター系の会社などがそれです。
インターネットの光回線という、日常生活に密着したインフラに、このように多数の会社が参入しているのは歓迎すべきことです。
電話回線がNTT独占だった頃の長距離電話料金は非常に高額で、遠方への電話はおいそれとかけられるものではありませんでした。
しかし現在では、電話料金が全国一律となっているケースが多く、距離は問題視されなくなっています。
これは通信の自由化によってもたらされたものです。

旧電電公社であったNTT以外の回線業者が、独自に光回線を引けるようになったことで、競争が生まれ、各社ともサービスを工夫するようになっています。
まだまだNTT光の利用者が多いですが、auひかりや、その他の独自回線を使った業者を選択する消費者も増え、サービス競争が激化するに従い、料金も抑えられ、光回線が身近なものになってきています。

もしこれが、以前の電話回線のように、一社独占だったらどうだったでしょう。
通信の自由化によって、またたく間に長距離電話は、8分の1ほどで利用できるようになりました。
消費者が多くの選択肢を持つことができ、競争が生まれることで、適正料金に落ち着いていくと言えます。
日本は概して物価が高めだと言われていますが、わが国の通信費は、今や世界的に見て割安なほうとなっています。
各社が自由に個別の光回線を持てて、消費者に提供でき、消費者が自由に選べるという状況は、あるべき姿と言えるでしょう。

光回線の提供範囲は、各社とも広がりつつあります。
多くの地域で、数多くの選択肢が持てるようになれば、さらに料金が下がり、適正価格に近づいていくことが期待できます。